お客様の生の声を聞いてみました インタビュー

実際にご利用になったきっかけや、その後の変化をうかがいました。実際にご利用になったきっかけや、
その後の変化をうかがいました。

  • 埼玉県 星名さま
  • 愛知県 多氣さま
  • 兵庫県 佐々木さま

子どもの成長に合わせた理想の家計

有料相談ならではの信頼感。家計に不安を抱いたらすぐにプロのアドバイスを。

3人の子どものためにも、社宅を出てマイホーム実現をめざして。

小学生の長女・次女・長男と夫婦で社宅に入って約1年。子どもははしゃぎたい盛りで、そろそろ物音など周囲に遠慮することが少ないマイホーム購入を考えはじめました。また、全然知らない土地に引っ越してきたこともあって、はやく"自分たちの場所"をしっかり定めたかったんですね。

以前から支出のみの家計簿はこまめにつけていて、それで感じたのは、長女の美術工作、次女のピアノとチアリーディングなど、子どもの習い事にけっこうお金がかかっていること。とはいえ、それ以外はどこをどう減らしたら住宅資金ができるのかわからない。さらには、自分たちに購入できる住宅の価格はどれくらいなのか?夫婦でゆとりある老後を迎えるにはどうしたらいいか?一度プロの方に総合的に診断してほしいという思いが少しずつふくらんでいきました。

 ▲お子様たちの未来を大切に考えるご夫婦。家族を大切に想うご家庭は、確かな家計作りに活かされています。▲お子様たちの未来を大切に考えるご夫婦。家族を大切に想うご家庭は、確かな家計作りに活かされています。

たまたま手にした情報誌で「家計の見直し相談センター」の紹介を見て。

そんなある日、コンビニで「お金の貯まる生き方」というタイトルの雑誌を衝動買いして「このくらいの収入だと、こんな支出スタイルでは将来が危ない」という記事に「なるほど」と納得できたんです。その雑誌には「家計の見直し相談センター」の紹介ものっていて、「ここは保険も含めて家計をトータル診断してくれるんだ」と知って興味を持ちました。

もちろん、その雑誌には無料相談をする会社もいろいろ紹介されていました。でも、無料というのはかえって「どこかの業者に誘導されるんじゃないか」「高額な保険を勧められるんじゃないか」という不安があったんですね。それで、有料だからこその責任感と信頼度に期待してセンターに問い合わせました。すると、事前の「質問書」がセンターから送られてきたのですが、これは家計簿を転記するという感じでスムーズに書き入れることができました。古典的ではありますが、やはり家計簿というのはつけておくべきだと実感しましたね。

「住まいのご希望金額は?」からスタートした相談に大きな信頼を感じて。

相談に行く前は、貯蓄があまりなかったので「生活レベルを下げないとマイホームは無理だといわれないか。夫婦の老後のためにやっている投資や生命保険をやめろといわれないか」とけっこう心配でした。相談には家族5人そろって出かけたのですが、最初に安心できたのはFPの山田さんの冷静で落ち着いた話しぶりでしたね。「まずはお住まいの希望金額を教えてください」からスタートして、それには家計や保険をどう見直せばいいか。妻はいつ頃からどれくらい働けるかなど、私たちの希望を実現する方向で話を進めてくれたんです。それから本筋とは関係ない話ですが、子どものための遊びスペースが用意されていて、退屈せずに待てるよう配慮されているのも好感が持てました。

ええ、3時間の相談はあっという間でした。結論としては、現在の生活レベルを落とすことなくマイホームが購入できそうだったので、ほっとひと安心という感じでしたね。それから「これから何歳の時にどんな収支になるか」がきめ細かに予測されていて、自分たちの将来イメージを明確に描けたのも心強かったです。

▲お子様たちの趣味や習い事はそのままに、生命保険を見直すなど、家族を大切にする家計の見直しを実行。住宅ローン診断のおかげで、マイホーム購入を決めた時には、少しも不安がなかったそうです。▲お子様たちの趣味や習い事はそのままに、生命保険を見直すなど、家族を大切にする家計の見直しを実行。住宅ローン診断のおかげで、マイホーム購入を決めた時には、少しも不安がなかったそうです。

保障内容は同等で年間4万円も、節約できる生命保険に切り替え。

具体的には、子どもの習い事はやめずに生命保険のみを見直しました。保険会社をかえることで、保障内容は同等のまま年間4万円も節約できたんですよ。あっという間に相談料の元がとれた感じでした(笑)。もちろん、自分たちに購入できる住宅の価格やローンについても概要を説明してもらい、いよいよマイホーム購入が現実味を帯びてきました。

それからは"駅に近いこと"を条件にして家族で物件を見てまわり、相談から約1年で念願の一戸建てを購入できました。その際に改めて【住宅ローン診断】を受けたので大きな不安はなかったですね。実際の借入額を算出して、複数の金利タイプや金融機関の中からシミュレーションしてくれるので、自分たちにいちばんあった返済プランを選ぶことができました。
いま、子どもたちは家の中でものびのびと遊べるし、妻も介護関係の資格を生かして少しずつ仕事をはじめ、何だか家族みんなが将来に向かって動き出した感じです

子どもの成長にあわせて、今後も3年ごとにセンターに相談を。

今後はやはり子どもの教育が家族の大きなテーマになってくると思います。私立学校に進学するのかどうか。高校卒業後の進路はどうするのか。本人の希望はできるだけ応援してあげたいので、これから3年に1度はセンターに相談に行こうと考えています。親として、お金の問題で子どもに夢を諦めてほしくはないですからね。

さらに将来を考えれば、夫婦の老後にも備えが必要になると思います。現在、積立式の投資信託をやっているのですが、これも機会ごとにセンターに見直しのアドバイスを受けたいと考えています。

▲お子様たちの趣味や習い事はそのままに、生命保険を見直すなど、家族を大切にする家計の見直しを実行。住宅ローン診断のおかげで、マイホーム購入を決めた時には、少しも不安がなかったそうです。▲お子様たちの趣味や習い事はそのままに、生命保険を見直すなど、家族を大切にする家計の見直しを実行。住宅ローン診断のおかげで、マイホーム購入を決めた時には、少しも不安がなかったそうです。

いまと将来の生活に不安があれば、少しでも早くプロに相談するのがおすすめ。

私たちの例でもわかるように、センターの相談料は家計の見直しで十分に元がとれるもの。それどころか、相談料以上の"利益"を上げることも可能だと思います。もしも、現在や将来の家計に不安を感じているなら、少しでもはやく相談に行った方がいいと思いますよ。若いうちに相談すれば、それだけ人生の残り時間も多いわけで、暮らしの夢の実現にもゆとりが生まれるはずだからです。

また、保険やローンの話というのはやはり複雑なので、相談前に自分たちにわかる範囲内で毎月の収入と支出、将来の退職金や保険金の額なども勉強しておくといいですね。センターに相談に行った時の理解の深さが違ってくると思います。

 ▲山田相談員と星名さんご一家。▲山田相談員と星名さんご一家。

このほか、沢山のお客様から声を頂いております お客様の声を読むこのほか、沢山のお客様から声を頂いております お客様の声を読む

家計のノウハウ家計のノウハウ

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載