お客様の生の声を聞いてみました インタビュー

実際にご利用になったきっかけや、その後の変化をうかがいました。実際にご利用になったきっかけや、
その後の変化をうかがいました。

  • 埼玉県 星名さま
  • 愛知県 多氣さま
  • 兵庫県 佐々木さま

安定した将来への確かな喜び。

保険と資産運用を見直し。夫婦の趣味のハワイ旅行を
定年後も楽しめる見通しが立ちました。

大学生の次男の就職が決まり、夫婦の老後のため保険を見直したくて。

それまでは「一時払終身保険」に加え、掛け捨ての「医療保険」「がん保険」「傷害保険」に入っていました。大学生の次男の就職が決まり、教育費がかからなくなるので、次は私と妻の老後の備えについて考えようと思ったんです。それで、相談先をあれこれ調べるうち、以前に勤め先のライフプランセミナーで「家計の見直し相談センター」の藤川代表が講師として親身にお話をしていてくれたのを思い出しました。さっそくネット検索してホームページを見ると信頼感があり、夫婦一致して相談を申し込みました。

この時、すでに住宅ローンの支払いは終わっていたので、まずは【生命保険診断】を受けてみて、内容に満足できたら【家計ドック診断】で総合的にアドバイスしてもらうことにしました。

このままだと485万円が掛け捨てに。正直いって大ショックでした!

大阪オフィスで担当してくれたFPの山田さんは、とにかく温和で聞き上手な雰囲気でした。相談してみて驚いたのは、このまま同じ保険に入り続けると何と485万円が掛け捨てになるという事実でした。私たち夫婦は家計についてもよく相談していたし、加入する保険もそれなりに考えていたはずなのに「これからの二人の人生、485万円余計にあればどれだけ楽しみが増えるだろう」と思わず顔を見あわせましたね(笑)。

それから、私たちの場合は健康保険で高額な医療費もある程度まかなえること。夫婦の医療費として300万円の貯蓄があれば保険は不要という考え方もできること。現在、一般的に入院期間は短いが、保険は入院しないと出ないものだということ。ひとつひとつ丁寧に説明してもらい、まさに"目からうろこ"という感じでした。それで、すでに払い込みが済んでいる終身保険以外はすぐに解約することで夫婦の考えは一致したのですが、山田さんは「がん保険だけ残すのもいいし、よく考えてから決断された方がいいですよ」という感じで、常にブレーキをかけてくれるような姿勢だったのも好感が持てましたね。

とにかくアクティブで、とても素敵な佐々木さんご夫妻。▲とにかくアクティブで、とても素敵な佐々木さんご夫妻。

愛犬の柴犬(♀)。ボール遊びが大好き。家計相談では愛犬にかかる予算もしっかり計上しました。▲愛犬の柴犬(♀)。ボール遊びが大好き。家計相談では愛犬にかかる予算もしっかり計上しました。

趣味の旅行やペット費用まで計上して【家計ドック診断】に申し込み。

【生命保険診断】でしっかり納得した私たちは、終身保険以外は自信をもって解約。【家計ドック診断】もすぐに予約しました。それまでは住宅購入、マイカー購入、子どもの進学など目の前の目標があり、そこへ向かって夫婦でお金をやりくりしてクリアしてきたのですが、53歳の当時から定年までにいくら貯蓄すれば自分たちが楽しいと思える生活ができるか知りたかったんです。

それで、センターから「質問書」が送られてきたのですが、その内容の濃さにはびっくりしました。記入しながら、もちろん何歳まで生きるかはわからないのですが、マイカーの維持費、住まいの維持費、医療費など予算を見積もっておけば生活は大丈夫だとすぐに実感できました。この際だからと思って夫婦の趣味の海外旅行やペットにかかる費用まで書き込んで(笑)、あとは当日どんなアドバイスが受けられるか楽しみで仕方なかったですね。

キャッシュフロー表の作成で、将来の"漠然としたもの"が消えました。

当日の相談は3時間以上でしたが、有意義な話の連続であっという間という感じでした。その場で質問書と違う内容になっても、すぐにパソコンに入力して正確なキャッシュフロー表をつくってくれるので安心できました。このキャッシュフロー表には家族の年齢と予算が書き込んであり、今後の生活プランがひと目でわかるすぐれものです。
何よりうれしかったのは、今後の生活について"漠然としたもの"が消えたことです。この"漠然としたもの"が不安のもとだと思うので、今後も何か疑問点が生まれるごとにセンターに相談に行こうと決めました。
山田さんは、私がどんな話をしても最初は「そうですもんね~」とまず話を受け止めてくれる。これは、とてもありがたかったです。「こんなこと聞いていいのかな?」と遠慮しなくていいので、こちらの思いをすべて話した上で納得のアドバイスが受けられたと感じています。

▲壮大なハワイの景色をバックに、とても仲の良いご夫婦。こんな楽しみがずっと続くなんて夢のようですね。▲壮大なハワイの景色をバックに、とても仲の良いご夫婦。こんな楽しみがずっと続くなんて夢のようですね。。

年2回のハワイ旅行を老後も続けられる見通しが立って。

当日は資産運用についてもアドバイスをもらいました。それまでも会社の財形年金貯蓄や定期預金をしていたのですが、より利回りのよい確定拠出年金、個人年金、投資信託などに切り替えました。センターには各社の商品がそろっていて、自分たちにとってベストなものをリスクも含めて紹介してくれるし、また自分でしなければならない確定拠出年金の運用方法なども詳しく教えてくれました。

印象に残っているのは「必買」(ひつがい)という言葉を教えてもらったことです。他人がどう思おうと、自分が必要だと思うことにお金を使い、不必要なことには使わないこと。私たちは、それまでも必買タイプだったと思いますが、相談後はますます磨きがかかったと自負しています。趣味の海外旅行ではもう5年ほどハワイに年2回のペースで出かけているのですが、これを老後も続けられる見通しが立ち、普段の生活で倹約していても毎日にやりがいを感じますね。お金に余裕ができたぶん、ハワイで楽しめることもひとつ増えた感じです。

▲ウクレレを教えてもらったミュージシャンが出演しているライブハウスで、スリーショット。▲ウクレレを教えてもらったミュージシャンが出演しているライブハウスで、スリーショット。

社会人になった次男や妻の同僚にもセンターを紹介しました!

実はその後、就職した次男と夫婦でセンターを訪れ、健康保健、年金、各種保険、住宅ローンなどについて基本的な話をしてもらったんです。私たちは定年間近でセンターに相談しましたが、社会人として歩きはじめた段階でお金に関するよき相談相手を得たことは、今後の次男にとって大きな財産だと思うんです。これで、親としての役割がひとつ終わったというくらいの気持ちがあります。

また、妻の職場の同僚2人も【家計ドック診断】を受けたり、私たち夫婦は相続についての講演会にも参加したり、センターとのおつきあいはずっと継続しています。最初の相談から約3年が過ぎた先日も再診断を受けて、最新のキャッシュフロー表を見て家計が好転していることを実感できました。"お金のホームドクター"として、今後も末長くセンターと山田さんを頼りにしていきたいと思っています。

▲ご自宅にて相談員の山田と。佐々木ご夫妻の充実した日々はまさに理想の家計です。▲ご自宅にて相談員の山田と。佐々木ご夫妻の充実した日々はまさに理想の家計です。

このほか、沢山のお客様から声を頂いております お客様の声を読むこのほか、沢山のお客様から声を頂いております お客様の声を読む

家計のノウハウ家計のノウハウ

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載