「専門用語がわからない…」「もっと用語に詳しくなりたい!」
そんな時に是非ご活用ください!

用語集用語集

【アルファベット】

AFP(参照:CFP®)

日本FP協会が認定するFP資格の一つ。普通資格であるAFP(アフィリエイティッド・ファイナンシャル・プランナー)と、上級資格であるCFP®(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)がある。AFPになるには、日本FP協会認定のAFP認定研修を修了し、2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格、日本FP協会に資格認定会員として入会することが求められる。

FP(参照:フャイナンシャル・プランナー)

ファイナンシャル・プランナーの略。個人のライフプランや家計に関するさまざまなデータから、家計上のアドバイスをし、実行の支援をする専門家。貯蓄、運用、保険、不動産、ローン、税金、相続、社会保険など、個人の家計に関する幅広い分野の知識を必要とする。資格として日本FP協会が認定するAFP、CFP®と、国家資格であるFP技能士がある。

MMF

マネー・マネジメント・ファンドの略。短期金融資産を主な投資対象とするオープン型の公社債投資信託。一般的に1円以上、1円単位で購入できる。分配金は毎日計上、1ヶ月ごとに再投資される。30日未満の換金には1万口につき10円の信託財産留保額がかかる。

MRF

マネー・リザーブ・ファンドの略。短期金融資産を主な投資対象とするオープン型の公社債投資信託。証券総合口座用のファンドで、銀行の普通預金のような役割をする。1円以上、1円単位で購入でき、いつでも換金できる。分配金は毎日計上、1ヶ月ごとに再投資される。

延長保険

保険料の払い込みを止め、同じ保険金額の定期保険として継続する方法。保険期間は解約返戻金をもとに計算されるが、もとの契約の保険期間まで(会社によっては80歳まで)となる。計算上の保険期間がもとの契約よりも長くなる場合には、保険期間満了時に生存給付金が支払われ調整される。延長保険にした場合、特約はすべて消滅する。

家計のノウハウ家計のノウハウ

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載