「専門用語がわからない…」「もっと用語に詳しくなりたい!」
そんな時に是非ご活用ください!

用語集用語集

【アルファベット】

危険保険料

被保険者の死亡や交通事故など、保険の対象となる事由が発生する確率から計算された保険料のこと。いわゆる保険料とは、危険保険料のほか保険会社の事業費に使われる付加保険料などを合計した営業保険料のことをいう。

キャッシュフロー

一定期間に出入りする現金の流れのこと。キャッシュフローがプラスであれば、貯蓄を増やしたり、借金を返済する余力となる。逆にマイナスであれば、貯蓄を取り崩したり、借り入れをすることで資金繰りをつけなければならなくなる。

キャピタルゲイン(参照:インカムゲイン)

買い持ち(売り持ち)している株などが値上がり(値下がり)したときに得られる利益をキャピタルゲインという。一方で、配当金や利息など定期的に受け取る利益のことをインカムゲインという。

給付金

支給、交付されるお金のこと。生命保険では入院給付金や手術給付金のように複数回支払われる保険金のことを給付金ということが多い。

教育費

子どもの教育にかかる個人負担のお金。学校へ納付する学校教育費と、塾やおけいこ事のために支払う学校外教育費に大きく分けられる。

共済

組合員など特定の集団が相互に助け合うことを目的として保障を提供する仕組み。一方で不特定多数の集団に対するものを保険という。

金投資

貴金属である金に投資すること。投資する方法としては、金地金、金貨、金先物、金ETF、純金積み立てなどがある。

勤労者財産形成促進制度

一般的に「財形制度」と呼ばれる。勤労者の財産形成を促進することを目的として運営されている。貯蓄制度と融資制度がある。貯蓄制度には「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3種類あり、給与天引きで積み立てを行う。財形年金と財形住宅に関しては一定条件を満たせば利子が非課税となる特典がある。融資制度には「財形教育融資」「財形住宅融資」の2種類ある。

家計のノウハウ家計のノウハウ

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載