プロが教える家計のコツ資産運用のヒント

「資産価値を守る」ための資産運用の知識「資産価値を守る」ための資産運用の知識

いくらまで投資してもいいのでしょうか

「守るべきお金」を把握できれば、必然的に運用に回す資金をはじき出すことができます。

まず現在の貯蓄のうち「守るべきお金」と「運用に回すお金」を区別します。なぜなら、万が一投資で大きな損をした場合、絶対に確保しておかなければならないお金を失ってしまうことだって考えられるからです。将来のライフプランが崩れてしまうような事態は、未然に避けなければなりません。

これは、車でいうところのシートベルトやエアバックのような役割を果たします。守るべきお金をしっかり守っておけば、価格相場の変動などにより損することがあったとしたとしても、ライフプランが崩れることはありません。上手くリスクをコントロールする必要があるのです。また、「守るべきお金」を把握できれば、必然的に運用に回す資金をはじき出すことができます。

「日常生活資金」と「5年以内に取り崩す予定のお金」

では、どの程度のお金を守っておけばいいのでしょうか? 守るべきお金を2つに分類してみましょう。まず「日常生活資金」です。最低でも生活費の3~6ヶ月分は確保しておきます。次に「5年以内に取り崩す予定のお金」を確保します。例えば、住宅や車の購入、教育費などで取り崩す予定のあるお金が該当します。この「日常生活資金」と「5年以内に取り崩す予定のお金」の合計を守るお金の最低額とします。300万円と試算されれば、300万円以上は常に確保するようにします。

現在の貯蓄が500万円とすると、投資してもいいお金は残りの200万円という計算になります。ただ、この200万円をすべて投資していいわけではありません。心理的な影響を考える必要があります。損をしても凹まない、後悔をしない額はいくらでしょうか?もしも50万円までなら、その3倍までを投資に回してもいい金額の上限と考えましょう。つまり150万円です。投資してもいいのは、この150万円と先ほどの残りのお金のどちらか小さい金額までです。これを超えて投資しすぎないようにすれば、ライフプランにも心にも大きなダメージを与えずに資産運用ができます。

 「わが家の場合はどうなの?」「もっと詳しく知りたいな」と思ったあなたには「家計ドック診断」をオススメします。

お問合せ資料請求フォーム

相談予約申込フォーム

ぴったり診断チェックぴったり診断チェック

暮らしのヒントが満載!小冊子プレゼント

家計の見直しのプロが教える資産運用の注意点、生命保険の見直しなど暮らしのヒントが満載!

マネーの達人養成学校

出版書籍

お客様の声

メディア掲載